教育目標

神を愛し、人を愛するこども

  • いつも神さまに守られていることを知る。
  • いろいろな友だちと出あい、共に育ちあう。

自立した個性豊かなこどもに

  • 健康な体と、安定した心で生活する。
  • 自分なりの考えや思いを言葉で伝えあうようにする。

あそびを創り出せるこどもに

  • 自分のしたいことを見つけて、じっくりと遊ぶ。
  • 集団の中で、共に創り出すことの楽しさを経験する。

今を生きているこどもたち

こどもをとりまく環境は時代によって異なりますが、ひとりひとりには、神から与えられた賜物があり、育つ力が備わっております。

園の生活で出会った、お友達や先生とのたくさんの経験を通して、この子らしく、のびやかに育ってほしいと願っております。

生活の中心は遊びです。一つの遊びを通して自分でも、又、仲間とも考えたり、工夫したりしながらより楽しいものにしていく過程を大切に見守りたいものです。

互いに主張しあったり、ゆずりあったり、又、異年令との幅広い関わりもあって、相手の気持ちを察する思いやりの心も生まれます。

心も身体も健やかで豊かな毎日でありたいと願っております。

コメントは停止中です。